藤原道山コンサート

12/21 藤原道山さんのコンサートを聴きに行きました。当日は家内と居合の友人小林さんと連れだって良い席で聴くことができました。尺八;藤原道三、箏・三弦;井関一博、箏;川井亜弥子の三人が奏でられました。独奏や合奏で和の饗宴と銘打ったコンサートでした。藤原道三氏は以前からCDなどを聴いたりしたのですが、生で間近に拝聴できたのは幸運だったと思います。私自身はジャンルを越えた世界の音楽の世界を楽しんできましたが、邦楽に接する機会はほとんどなかったのです。藤原氏の師匠であります人間国宝;山本邦山氏はかなり昔、私が若い時に聴いたりしました。というのも当時よく聴いたジャズの女性歌手;ヘレン・メリルと競演した「砂山」などの曲が入っていたアルバムを聴き山本邦山を知ったのです。井関氏は箏や三弦に加え、三味線を弾きながら女性のような声で長唄「黒髪」も謡い、和の音楽をしばし楽しむ事ができました。箏の川井さんは孫の箏の先生でもあり、近所に住まいされているというご縁もありました。十三弦の箏に加え、やはり得意?なのかこの日も十七弦の箏を力強く奏でられました。たまには生で音楽に浸る事はいいことです。来年はどんな音楽にめぐり逢えるだろうか?楽しみにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です