hojou-style のすべての投稿

hojou-style について

高齢者の保青(ほじょう)が勝手きままに日々の暮らしを綴っています。多趣味のせいか、旅行、映画、音楽、写真、スポーツ(居合道、水泳)、料理、お酒などについて、多分野にわたるブログとなっています。

藤原道山コンサート

12/21 藤原道山さんのコンサートを聴きに行きました。当日は家内と居合の友人小林さんと連れだって良い席で聴くことができました。尺八;藤原道三、箏・三弦;井関一博、箏;川井亜弥子の三人が奏でられました。独奏や合奏で和の饗宴と銘打ったコンサートでした。藤原道三氏は以前からCDなどを聴いたりしたのですが、生で間近に拝聴できたのは幸運だったと思います。私自身はジャンルを越えた世界の音楽の世界を楽しんできましたが、邦楽に接する機会はほとんどなかったのです。藤原氏の師匠であります人間国宝;山本邦山氏はかなり昔、私が若い時に聴いたりしました。というのも当時よく聴いたジャズの女性歌手;ヘレン・メリルと競演した「砂山」などの曲が入っていたアルバムを聴き山本邦山を知ったのです。井関氏は箏や三弦に加え、三味線を弾きながら女性のような声で長唄「黒髪」も謡い、和の音楽をしばし楽しむ事ができました。箏の川井さんは孫の箏の先生でもあり、近所に住まいされているというご縁もありました。十三弦の箏に加え、やはり得意?なのかこの日も十七弦の箏を力強く奏でられました。たまには生で音楽に浸る事はいいことです。来年はどんな音楽にめぐり逢えるだろうか?楽しみにしたいです。

ピアノ・クリスマス会

12/14 孫の二人のクリスマス会に行ってきました。上の孫はこれでピアノをやめ、空手と勉学に励むそうです。ピアノの先生や周囲から引き留めても頑として拒み「もう決めたのだから..」と強い意志を持ってるようです。この日は下の孫もピアノを弾いたのですが、来春の発表会に向けて事前の練習を兼ねているようです。二人とも母親との連弾でそれぞれが1曲づつ弾いたのですが、自分では母親の弾く姿を久しぶりに見て、聴いてやはりこの子の音色から格段の趣きを感じ取りました。さすがと思い、いつかゆっくりと深い想い出のあるショパンのノクターンなどを聴きたいものだと思いました。

2019.12.27 年末投稿

年末となり、あれだこれだと周囲を片付けている毎日です。先日新しくノートパソコンをもう1台購入し、セットアップもほぼ終わり、今日はブログに投稿することにしました。今年はいろいろな出来事があり過ぎ、長い一年だったような気がします。庭のナナカマドが赤く色づき、その様子を見ながらパソコンに向かっています。

ナナカマド

今年最大の出来事はやはり腎臓に関する病で入院した事だと思っています。またこの事では周囲の人々にご心配をおかけし、誠に申し訳なく思っています。この入院生活は自身では過酷な体験をし、大げさかもしれませんが一度は死んだようになり、再び生き返る事が出来、新しい自分がスタートできたような気がしています。おかげさまで体調も良好で、この調子なら春には元通り?の体に復旧できるような気分です。何かの力が働いてここまで回復できたと思い、ただただ感謝!感謝!の気持ちがいっぱいです。これから先の人生を有意義に過ごさなければいけないと強い意志をもって、何事にも取り組んでゆくつもりです。年明けから小説「桜堤」の最終加筆・修正に取り組みます。完了したら次回作ミステリーかラブストーリーに取り組む予定です。体つくりにはジムへも通い、軽い運動からスタートしようと考えています。居合も水泳もストップした今年は次に何か始めなければと思い、合気道も視野に入れています。このブログも来年からはこまめに投稿するよう努力していきます。今年一年いろいろなことに感謝し、来年も良い年にしたいものです。

では

2019.12.4 久しぶりの投稿

このところ寒さが日ごとに増してきました。私も徐々に回復に転じてきたような気がします。また雨の日以外には公園を軽い散歩?のように歩いています。まだ、小走りには自信がなく、
今年いっぱいは徐々にスピードあげ、早歩きに努めています。年が明けたらストレッチに励み、軽い気持ちでジムに通うかと思います。筋力を付けなければと思って頑張るつもりです。今年はて初めての入院生活や家内の母の死去などあり、あまり良い年ではなかったような気もしますが、入院生活で精神的にも肉体的にもすべてがリセットされたような気もあります。一度は死んだような形相に変わり、生まれ変われたのかもしれません。私にとって自身が復活できたことが幸いに思います。このように考えると今年は良い年であったかもしれません。与えられた残りの人生にどう対処してゆこうか? どのように生きていこうか? これからの人生を謳歌しようと考えています。